子供の後遺障害

小さな子供を乗せていて交通事故に遭ってしまった場合や、自分が加害者になってしまった場合は含め子供に後遺障害が残ってしまった際には将来的なことを考えると、その場で後遺症認定をするのが非常に難しく、後遺障害に対しての慰謝料についての様々なトラブルが発生してしまうことがあります。
子供の体というのは柔軟性があるため、外的な怪我などは少ないケースがありますが、その反面で、心に後遺障害を抱えてしまうといった場合や、体の内側に後遺障害が残ってしまうといった場合なども考えられます。


また外的な怪我をしてしまった際にもこれからの成長にどのような支障が出てくるのか、というのは判断が非常に難しい部類になってくるので、ここに関しての保障を双方で話し合っていくうちにトラブルになってしまうようなケースもあるようです。
まずは子供の後遺障害に関して、精密検査をすることはもちろんですが、その他先方との慰謝料について示談が成立する前の段階で医師を生活の中でお子様の様子をしっかりと細かくチェックすることや将来的に後遺症が出てしまった場合の補償についても加害者側と話し合いを持っていくことが大切になります。


明らかな後遺症認定が行われれば、将来的な部分までを含めて慰謝料を受け取ることができますが、その場では後遺障害が認められなかった場合、将来的に何かしらの支障が出てきても、補償を受けることはできなくなってしまいます。
そのため保険会社は含め、このような部分までしっかり加害者側と話を進めていくようにしましょう。


▼特選サイト
交通事故に遭ってしまった方向けに後遺症認定のサポートをしているサイトです⇒ 交通事故 後遺症

Copyright © 2014 子供の後遺障害 All Rights Reserved.